マイムリンクBLOG

「Pantomime Week」と「さくっとパントマイム」の活動が統合し『マイムリンク』になりました。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パントマイムギャラリー2015 出演者紹介【しいなまん】

いよいよ世間ではゴールデンウィーク突入でしょうか?そしてパントマイムギャラリー開幕もすぐそこに迫っております。ウキウキ、ワクワクの中、本日の出演者紹介は、『戦うマイミスト』しいなまんさんです。では、どうぞ~。

siinaman.jpg


◎お名前(出演者名)
しいなまん

◎プログラム(日時)
A
5/16(土)19:00開演
5/17(日)15:00開演/19:00開演

◎自己紹介コメント
1988年より東京マイム研究所にて故・並木孝雄にパントイムを師事。
細川紘未氏と出会い、頼みもしないのに「しいなまん」と勝手に命名される。
1992年より「チャウダー・カンパニー」を主宰し、高円寺明石スタジオにてパントマイムのオムニバス定期公演「Pang Ping Pooh」を開催、マイムトループ気球座のアンサンブル公演に出演など活動を行う。
2000年よりハトリミームラボ所属。
2007年「パントマイムウィーク in 荻窪II」に出演。以降、現マイムリンクの活動に関わることになる。

社会に身を置きながら細く長くこっそりと活動を続けるサラリーマン日曜パントマイマー。
本企画の実行委員でもある。

◎作品のタイトル(決まっている方、そして公表可能な方)
ワインを飲んでグルグルする話と、ホームレスがああしてこうしての話を再演します。
再演と言っても前回とは全く違ったものになっています。
その他新作が2本あります。
ナショナリズムをテーマにした軽い話と、戦争に染まった未来を覗いた占い師の軽快な話です。

◎お客様への一言、メッセージ。見所や意気込み

記念すべき五十路ライブです。

今年は50歳の節目のほか戦後70年でもありますが、ニュースなどをみているとまるで戦前のように世の中がきな臭く感じられます。そんな中、多くの表現者がメッセージ性のある作品を発表したり、叩かれたり謝っちゃったりしています。また自分の周りでも素人ながら市民運動や政治の世界へ挑戦したりする人たちがいます。
そういういろいろな人達からの刺激を受け、自分も何かを発信しなければと思い、参加を決めました。
とはいえ、楽しめる内容にしたいと思っています。

よろしければ、いらしてください。

小出裕章氏(元京都大学原子炉実験所助教)
「わたしは原子力の場でずーっと生きてきてしまったが為に、原子力の事しか知りません。歌を歌う事も出来ないし、曲を作ることもできないし、楽器の一つもできません。でも、皆さんはそれぞれ自分の個性で、好きなこと、できることというものがある筈です。一人ひとりが自分のできる事。どうしてもこれだけはやりたいと思う事を発信する。歌を歌う事でも良い。絵を描く事でも良い。何でもいいのでそれぞれの人が自分の発信をしてくれるような事にになれば、きっと原子力は止められるし、社会は変わるだろうと思います。」

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

しいなまんさんには伝えたいテーマがあります。そして、はっきりしたテーマを持った方の作品はわかりやすくとても面白いのです。

是非劇場に足をお運びの上、皆さんのテーマは何かを考えるきっかけになればと思います。

| さくパンフェス | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pantomimeweek.blog44.fc2.com/tb.php/388-51bb55ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT