マイムリンクBLOG

「Pantomime Week」と「さくっとパントマイム」の活動が統合し『マイムリンク』になりました。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

更にDプログラムのレポートをどうぞ!

しいなまんさんからもDプログラムのレポートが届きましたよ。

たっぷりとお楽しみくださいっ!



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

シアターパントマイムフェス2017、A~Dが開催されたスタジオエヴァに異変が起きていた。

なんと、舞台照明にLEDが導入されたのだ。

巷ではLEDの導入が進んでおり、白熱電球の国内生産が終了するなど時代が動いているが、光の柔らかさや繊細さ、調光がなめらかなことなどから、明りを重視する家庭や落ち着くお店、舞台照明などでは、まだまだ白熱電球が主流と言えよう。

しかし、LEDを使うことで、どんな色でも自在に作ることができ、しかも色温度を高く明るくすることができるということで、使える技術を使わない理由がないと、照明・音響担当の松田充博氏は言う。



2017年6月24日に開催されたDプログラムでは、トップバッターで純白の衣装を纏った眩しい女性が白く新しい光を浴びて熱演した。かけ久美子だ。不思議な世界観を時にコメディを交えて演じる作品は、観ていてどこかほっとする。


すると一転、次に登場するささけんゼミでは、強烈な個性の二人が強烈なギャグを連発する。彼らが出てきた途端、会場の空気が一変した。「関数体操」に笑わない人はいないのではないだろうか。


次に登場するのはながいなおき。黒づくめで渋く登場し、新境地か?、と思わせてとことん落とす、やっぱりそうこなくちゃね、というギャグ作品だ。笑いながらも安心するのは、彼の人柄が出ているからだろうか。


テンポよく進んだギャグに続いて登場するのは、稲垣郁さんだ。彼女だけは"さん付け"だ。ここでまた空気が一変し、しっとりとした心温まる名演が繰り広げられる。子供とその母親を中心としたストーリーが、彼女の演技により生き生きとそこに表現され、観る者の目を離さない。適度に抑えられた演技と表情が、パントマイムの素晴らしさを再認識させる。本当に素晴らしい。くどいようだが最高だ。


名演に心を打たれて痺れていると、容赦無く出てくるのが白鳥兄弟だ。もちろん演目は土偶マイム。
これは土偶マイムと説明するしかない、土偶マイムだ。もう完成の域に達しているのではないかと思ってしまう。


そしてトリに登場するのはふくろこうじだ。小さい出来事をクールな演技で大胆に演じる、その演技力には圧倒される。彼と小道具との対話が何しろ素晴らしい。公演全体の締めくくりとして場を落ち着かせてくれる。


よくもまあ、こんなにバラエティに富んだ演者が集まったものだ。客電が灯ると心地よく疲労した観客が、惜しみない拍手を送っている。

シアターパントマイムフェスもここでひと段落。次回は場所を移して武蔵野芸能劇場だ。

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

以上、しいなまんさんからのレポートでした。

さてEプログラム、既にチケットは完売というお話を前回お知らせしましたが、受付時の混雑を防ぐために、


14:00受付開始、14:30開場、15:00開演

とさせていただきます。ご協力の程、よろしくお願い致します。

ではEプログラムでお待ちしております!


| マイムフェス レポ | 12:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dプログラムも無事終了。そしてレポート!

金曜土曜にCプログラムが。日曜日にDプログラムが無事終了しまして、マイムフェスもいよいよラストのEプログラムを残すのみとなりました。
 
ここまで会場に足をお運び頂いた皆さま、ありがとうございました。
 
日曜日のDプログラムのレポートをフレッシャーズのにしぞのさんから頂きましたので、お楽しみ下さいませ。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
フレッシャーズのにしぞのです。
Dプログラム、観てきました!
とっても面白かったのでレポートを書いてみました。
 
 
かけ久美子
「喋りたいのに」
「絵を描く」
かけさんのマイムには、無邪気さとロマンを感じます。夢見心地でした。
 
ささけんゼミ
「ささけんゼミの期末対策講座」
二人の息の合い方に大笑いしました。
くだらないことにかける情熱、素敵です。
 
ながいなおき
「不良」
普通にちょいワルにみえるながいさん。
ちょいダメ男がなぜもあんなにはまっているのでしょうか。不思議です。
 
稲垣 郁
「花火」
夏の夜空に花火が鮮やかに上がっていくのが、目に映るようでした。素敵なストーリーでした。
 
白鳥兄弟
「土偶マイム2017」
けんさんの土偶への愛の深さに心打たれました。思わず涙が……まぁ、出ませんでしたね笑。素敵な土偶でした。
 
ふくろこうじ

「コンベックス」
かっこいいです。小道具一つが生み出す、さまざまなパントマイムのイリュージョン。
憧れてしまいます。
 
 
さて次はいよいよ、Eプログラム。震えが止まりません!楽しみです。
 
にしぞの
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
にしぞのさん、レポートありがとうございました!そしてEプログラム、そうなんですよ、震えが止まらない豪華なメンバーっ!
 
しかし
 
しかーし
 
おかげさまでチケットは完売でございます。お求め頂いた皆さま、ありがとうございます!!
Eプロ   7/2(日)15:00
 
ヨネヤマママコ
佐々木博康
清水きよし
あらい汎
細川紘未
 
【会場】
Eプロ 武蔵野芸能劇場 客席154
東京都武蔵野市中町1-15-10
(JR三鷹駅徒歩1分)
 
【チケット】
<Eプログラム>
一般:前売¥3,500 当日¥4,000 小学生:前売¥2,500 当日¥3,000
 
マイムフェス最終公演は日曜日です!レポートをお楽しみに!!

| 未分類 | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Cプログラム、レポート。

ながいなおきさんからCプログラムのレポートが届きましたのでお届け致します!
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
6/24 (金)のCプログラムのリポートです。
まず、全体的な感想。
とってもホンワカした気持ちになりました。
 
リオくん演じるキャラクターがかわいい。新しく設置された照明効果もリオくんワールドをよりカラフルにして、まるで外国の絵本から抜け出てきたかのようなキャラクター世界を垣間見ているようでした。
 
しいなまんさん、今回はコミカル系で、いつものしいなまんワールド満載。味がありますね。特にツボにはまるのが、コビトくん。まさにパントマイムの世界ならではの表現。かわいいんです、このコビトくん。
 
一糸堂さん、絶妙のコンビネーションですね。登場するキャラクターがかわいいです!
 
面白楽しく、そして学研の図鑑でも見ているかのようなお勉強もできるっていうお得感あり。
 
みっちゃんの動きがコミカルで楽しくて、八つぁんの動かない?存在感がおもしろくて。
さすがの年季の入った間合いがツボにはまります。
 
とにかく、出演者の皆様のあったかぁ~いお人柄そのままがにじみでている公演でした。
 
まだ見ていない方。
 まだまだ間に合います。
このあと、今日2回あります。
ぜひほんわかした、幸せな時間を満喫しましょう。
 
詳細レポートはまた後ほど、どなたかにバトンタッチ。
だって、明日のDプログラムの準備がありますから、そちらもよろしくね。
ながい
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
そうです、Dプログラムの本番前にレポートをアップして下さいまして、ありがとうございます!
はい、本日Cプログラムは二回公演!
そして明日のDプログラムもよろしくお願いしまーす。

| 未分類 | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bプログラム、レポートっ!

日曜日開催のBプログラムのレポートをGOICHIさんがあつくあつーく書いて下さいました。
Bプログラムのレポート、お楽しみ下さいっ!
 ▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
こんにちは、Aプロフレッシャーズに出演させて頂いたGOICHIです。
 
6月18日のBプロ、15時からの回を見ました。さすが、見ごたえありました。皆さん、大人の深みを感じさせる、味わいある作品ばかりでした。
 
 
言葉でひとつひとつきちんと説明するのは私には難しいですが、印象に残るのは表情です。
 
NYOKOさんのかわいらしく豊かでドラマチックな表情、きうすけさんの一つの仮面でありながら子どもっぽくなつたりシリアスになったりする表情の使い分け、歩さんの主人公の深刻なシチュエーションのはずなのにとぼけたおかしさ、そして山本さくらさんのシーンが変わるたびの表情の変化には、思わずぐっときました。
 
 
あ、作品名入れ忘れました。NYOKOさんが「プッチン」、きうすけさん「ペルソナの詩『なぁさりぃ まいむ らいむ』、歩さん「Kill myself.」、山本さくらさん「とおり雨」。
大人のマイムはそれぞれのおもいと感動ポイントがあって楽しくなります。
 
 
そして最後に忘れちゃいけない、出演順では最初でしたが、あがりえ弘虫&マイムトループ★グランバルーンの「ショートショート劇場」「大怪獣ゴタンラー」。いや、びっくりしました、笑いました。ショートショートは、一級の人たちが6人も集まった時の笑いの質の高さにびっくり、そして大怪獣は、ストーリーを説明するとバカっぽくなりそうなのでしませんが(笑)、いい大人たちが徹底的にやるとこんな面白いんだ、ということにびっくり、しかもそれがどんどん進化している事に感動しました。
 
 
あがりえさん、ありがとう。マイムトループ★グランバルーン、ありがとう。ああ、大人に生まれて、よかったあ~~!
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
 
GOICHIさん、ありがとうございました。さあ、金曜土曜はCプログラム。そして日曜日はDプログラムと一気にマイムフェスは動きますよ。
 
まだまだチケットお求め頂けます!
 
皆さまのご来場、お待ちしております。

| マイムフェス レポ | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Aプログラム、レポートですっ!

日曜日に開幕しましたマイムフェス2017。沢山のお客様に足を運んで頂きました。
 
ありがとうございました!
 
出演者のNYOKOさんからレポートが届きました。ご覧になった方は思い出しながら、ご覧になれなかった方は想像力豊かにお付き合い下さい。
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ 
 
Aプロレポートをお送りします。
文章を書くのは苦手で、うまくまとまっていませんが、とりあえずツラツラと書いてみました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【レポート】
1.月とばなな号/バンバン
 
お母さんというのは本当にスゴイ!
世界中で一番たくましくて、美しい。
どんなに疲れてても大変でも、子供のためならエンヤコラ。
世界中のお母さんに、感謝!!です。
 
2.酔っ払いリバース/たちざわー
 
働くサラリーマンだって頑張ってます。
失敗だってあるさ。嫌なことだってあるさ。
お酒のんで忘れたいのさ。
んーー、わかる!!
呑んで呑んで、そして呑まれて・・・
それでも立ち上がって、明日に向かって歩き出すのだ。
日本のサラリーマンたちよ、頑張れーー!
 
3・愛しい人/GOICHI
 
長年連れ添ってきた夫婦。
一言では語りつくせない歴史があるんだなぁ。
2人で積み重ねてきた想い出という名の歴史。
だからこそ、わかり合えるものがあるんだなぁ。
通じ合えるものがあるんだなぁ。なんか・・いいなぁ。
 
4.ウェイトレスの苦悩/村上瞳
 
色々な想いをかかえるウェイトレス。
勝手に動き出したトレーに振り回されて・・・
暴走するトレーは彼女の押し込めた心の声なのかも。
動かないものが動き出す、マイムらしい不思議さと、
テンポのいいコミカルさに笑いが。
あっけなく終わるシュールさもまた笑えます。
 
5.死神の日々/にしぞの
 
日々、人の死を見つめる死神。
永遠と続く時の中で、人々の魂を集める死神のむなしさ。
そして、死を通して見える人の愚かさ。
最後に助けたのは、気まぐれ?それとも希望?
その先に少しでも明るい未来がありますように。
 
 
6.ふうせん/ちゅうサン
 
風船という王道のマイムテクニックで、
どうしてこうも次から次へと笑いが生み出されるのだろうか。
確かなテクニックと小気味いい間が笑いを誘う秀逸の作品。
ちゅうサンワールド、さすがです!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おーっ!目に浮かんできますよ。NYOKOさん、ありがとうございました。
 
さあ、そのNYOKOさんもご出演のBプログラムは…
 
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽ 
・Bプロ 6/18(日)15:00/19:00
 
山本さくら、きうすけ、NYOKO、歩
あがりえ弘虫&マイムトループ★グランバルーン(細川紘未・ながいなおき・阿部邦子・平光司・かけくみこ)
※開場は開演の30分前
【会場】
A~Dプロ スタジオエヴァ
東京都新宿区百人町2-6-7ライズ高踏園ビル地下1階 客席最大60名
(JR山手線:新大久保駅 徒歩3分、大久保駅徒歩8分)
【チケット】
<BCDプログラム>
一般:前売 ¥2,500 当日¥3,000 小学生:前売¥1,500 当日¥2,000
【通し券】¥10,000(限定8枚 事務局扱いのみ、全公演観覧可)
 ご来場お待ちしておりますっ!!

| 未分類 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。